背中ニキビで悩まない!皮膚科で正しく治療! > 背中ニキビ|皮膚科の料金 > 背中ニキビを治したい!皮膚科で費用っていくらかかるの?

背中ニキビを治したい!皮膚科で費用っていくらかかるの?

ニキビ治療で皮膚科を受診したことがある人の割合は2割以下、という統計があります。つまり多くの人が「ニキビは病院へ行くまでもないもの」という認識があるということです。しかしニキビも立派な皮膚の病気ですので、医学的には尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という病名がついています。
ニキビでも特に目の届かない背中は知らないうちに悪化しているケースもあるので注意したい部分ですが、この様にニキビでは皮膚科に行かない人が多いので、費用がどのくらいかかるか知らない人も多い病気です。ここではその様な治療費について見ていきたいと思います。

保険が適用される治療費はどのくらいかかるの?

保険適用内ならば自己負担は3割になります。しかも市販薬で治療をした場合の満足度は5割強ですが、病院の場合だと7割弱と高くなっています。確かに病院へ行く手間はありますが、適切な診察を受ければ結果的に時間も費用も安く済む場合があります。

塗り薬、抗生物質の費用は?

薬剤治療だと目安は診療費も含めて2,000円前後になります。
意外と安いと思いませんか?処方量にもよりますが、仮に3週間分が2,000円前後と考えると、治療期間の目安は約3ヶ月ですので1ヶ月2700円ほどになります。
医薬品の価格で比較してみると、病院でよく処方される進行してしまった背中ニキビにも有効な「ダラシンTゲル」という抗生物質の塗り薬があります。これは1本10gで自己負担分は140円になります。一方市販薬で即効性があると評判のJ社のT軟膏は、10gに換算すると1,330円ほどになります。この比較はごく一部ですが、多くの場合でも保険適用内で処方される薬の方が割安になることが多いです。

面皰(めんぽう)圧出の費用は?

皮膚科によって幅はありますが、まとめて治療すれば1つにつき300円程度~できる場合もあります。
面皰圧出とはレーザーやメスでニキビに穴を空け、ニキビの中身(角柱・膿・角質・皮脂の塊など)を押し出す治療です。これによって毛穴の詰まりの炎症であるニキビ自体を取り除きます。目の届かない場所にあり、自分でケアしづらい背中ニキビに対して特に効果的です。
しかし「ニキビってつぶしてはいけないのでは?」「自分でもできそう!」と思われるかもしれませんが、これは適切な処置と器具を用いて行われれば問題ないのです。ただしあくまでも「医療行為」ですので決して自分ではやらないで下さい。跡が残ったり膿んだりしてしまいます。
また面皰圧出には大きなメリットがあります。
・ニキビの「元」を取り除くので治りが早く、それ以上悪化しない。
・適切な処置で行われるので跡が残りにくい。
このような大きなメリットがありますが、気になるのはその費用ですよね。
その皮膚科によって料金は変わりますが、いくつか例を上げると
・5個=4,000円~5,000円(1個/800~1,000円)
・10個=3,200円~10,000円(1個/320~1,000円)
・20個=5,400円~(1個/270円~)
となっています。あくまでも1つのケースですので料金は直接問い合わせて確認して下さい。もちろん1個から治療できますが、まとめて治療する方が費用が抑えられます。

保険が適用されるない治療費はどのくらいかかるの?

保険適用外の治療はどうしても高額になりがちで、病院・クリニックによって料金が大きく異なってきます。ですのでご紹介するものはあくまで「目安」として考えて下さい。しかしメリットとして治療しながらニキビ跡も両方治療できたり、他の複合的な効果を期待できます。多くが治療と同時に「美肌」を目指して行われるので、お肌ケアに敏感な方におすすめな方法です。では以下で見てみましょう。

背中ニキビ治療ならば「レーザー治療」

背中ニキビ治療に最適な方法で、1カ所につき10,000円~治療ができます。
レーザー治療にもいくつか種類がありますが、この治療はレーザーの熱によってニキビの「元」を除去する方法です。またレーザーが肌内部まで届くので、ニキビ跡の赤み(色素沈着)やへこみを改善できる効果があります。特に背中ニキビ跡は赤や茶色の色素沈着になるものが多いのです。このためレーザー治療は背中ニキビ治療とニキビ跡治療に向いています。

美肌効果と広範囲の治療に最適な「ケミカルピーリング」

ニキビとニキビ跡治療が同時に広範囲にでき、1回15,000円程度~治療ができます。
ケミカルピーリングの特徴は、皮膚に薬を塗ってニキビ本体に科学的に作用して治療します。また同時に皮膚表面の古い角質や毛穴汚れを取り除き、新しい皮膚の再生を助ける効果もあります。特にこの治療は1度に広範囲にできるので、ニキビができてしまう面積が広くなりがちな背中ニキビに有効な方法です。ただし治療は複数回になります。

即効性が期待できる「ニキビ注射」

あくまで対症療法ですが即効性があり、1本2,500円~治療ができます。
「ニキビ注射」とは総称で、注射の種類にはいくつかあります。代表的なものですと「ケナコルト注射」と「プラセンタ注射」になります。効果としては悪化したニキビの炎症を抑えたり、ニキビ跡を改善できる効果があります。他の治療法と違い1回でも効果がある即効性が特徴です。しかし根本的な治療には至らなかったり、種類によってはニキビへの効果が薄いので注意しましょう。

安全性が高く肌内部へ働きかける「イオン導入」

美肌ケアに用いられることが多いですが、ニキビ治療にも有効で1カ所5,000円~治療できます。
「イオン導入」はそれ自体が治療方法ではなく、ニキビ治療に有効な成分を肌に塗り、微弱な電流によって肌の内部まで浸透させる働きを助けます。内部まで有効成分を浸透させることにより、ニキビの原因となる毛穴の詰まりと悪化を防ぎます。一度に広範囲の治療ができるため背中ニキビ治療に向いていますが、この治療だけでは症状を緩和したり悪化を防ぐ効果にとどまります。施術と併用され、特にケミカルピーリングと併用されることが多い治療です。

顎ニキビの原因と対策方法の詳細はこちら>>顎ニキビの原因は?(´・ω・`)皮膚科の前にできる改善方法まとめ

短時間で広範囲の治療ができる「フォトセラピー」

お肌へのダメージが少なく、治療後すぐに日常生活ができて20,000円~治療できます。
「フォトセラピー」は特定の波長を持った光をお肌に当てて治療する方法です。この光によってお肌のニキビなどの疾患を取り除き、若返りや活性化も促します。この治療方法も一度に広範囲の治療ができるため背中ニキビ治療に向いています。特に平均治療時間が約10分で、治療後は直ぐに日常生活が送れるお肌にやさしい治療ですが数回の治療が必要です。

背中ニキビを治療する費用を保険適用内・外でみてきました。それぞれメリット・デメリットはもちろんありますが、あなたに合いそうな治療方法はありましたか?背中ニキビは自分で見えないからこそ気になりますよね。この機会にあなたに合った治療方法で「背中美人」を手に入れてみませんか?